借金を依頼する手紙の書き方

借金を知り合いや親戚にお願いしたい場合手紙で依頼する方法もあります。
文字では感情が伝わりにくいのですが対面とは違い冷静になってお依頼できるというメリットもあるのでおすすめです。
まず手紙の書き方で大事なのは回りくどい内容にしない事です。
直接いくら貸していただけないでしょうかと書かなければいけません。
また借金する理由もこの時に書いておいてください。そして重要なのはお金を返済するめどがあることを伝える事です。
ただ貸してくださいでは依頼された方も不安があります。
いつまでに全てを返済すると書かれていれば返す当てがあると思われ安心してくれるでしょう。
また、借用書の準備もするということも書いてください。これは借金の契約があったということを証明する証拠ですので相手側には大事なことです。
最終的には無礼な手紙を出したことに対する謝罪の文章で締めくくってください。
基本的にお金を人に借りるのは恥ずかしい事ですし相手に不快感を与えてしまいます。大切な人間関係を壊さないための配慮です。
当然ですが鉛筆ではなくボールペンや万年筆で書いてください。鉛筆で書くと失礼ですし常識のない人と思われ、踏み倒しリスクがあると思われ貸したくなくなります。